8月25日 上の廊下
『あるがままの自然に、あるべき姿勢で向かう事。』 
僕の登山の原点に再び出会った気がした山行だった。
泳いだり、ロープ使用や並列渡渉といったきびしい場面もたくさんあった。
たのしい

朝から、幾度とない渡渉を繰り返すうち、廊下にも陽が差してきた。

下の黒ビンガが見えてくるのかな

廊下ったって、こんなでっけー豪邸あるかぁー

下流に危険のない渡渉はもはやルンルン?

側壁

わかったぞ。ここでは川床が道だったんだ

泳ぐというか、振り子トラバース?
「写真とるからちょっと待ててねっ」 なんていえねーよ

へつり ここではわりと珍しい行動パターンのような気がする

ほんとーに泳いだのはここだったかな?

プールだプールだ

対岸のポケットにうまく流れ込めるかな?

奇岩

まだまだ難関は続く、わくわく

ということで、
いつのまにかペンキ印の登山道が・・・
ビバークは薬師沢小屋のふとんかな?
ビバーク無しじゃもったいないとか?
明日は雨ってことで・・・

山岳ガイドトップページ


お問合せ

資料請求