北穂高岳〜槍  
(5月)

南岳小屋の開く前、
あまり残雪の多い時期では遠い道のりでビバーク覚悟になるけれど、
5月中旬〜の雪の安定したときならば1日コースになる。 
随所に雪壁が残り冬道のルートファインティングを理解している必要がある。
北穂〜キレットへの雪壁は懸垂下降気味になるだろう。


上高地で一番好きな季節を代表する花がこれ。
寒さも和らぎ残雪が安定して
雪山のプレッシャーもチョビットだけ下がる
自然、ルート状況の変化が最も激しいのもこの時期。

滝谷

夕日

稜線上の雪はほとんど消えていても
北穂の下りの雪壁はほとんど懸垂状態だ

雷鳥  「稜線の自然の中に暮らす仲間なんやぞ」
穂高の先輩、故神憲明氏のやさしい言葉が懐かしい

飛騨泣

ハセガワピーク、ここらに雪が残っているようだと
キレット縦走の質も根本的に違ってくる。
槍はまだ遠い

キレットを超えれば春風の心地よい稜線漫歩

穂高をかえりみる

八ヶ岳。朝一番、おうちに向かって槍沢特急・・・

山岳ガイドトップページ


お問合せ

資料請求