2月16日  甲斐駒〜鋸岳


いつも自宅周辺から眺める鋸も今回も裏口?から入山だ。
原村から見えた山



北岳 早川尾根

八ヶ岳からそして村の畑(中央左)から眺めていた甲斐駒の頂上から
遠く左奥に戸隠 妙高 雨飾 今シーズン最高の展望

これから向かう鋸の稜線
今週は降雪が無かったので戸台側におりれるかな

さあて、どこでビバークすっかな。風無いとこがいいんだけどな。
結局中の川乗越の岩陰だったけど、熊穴の頭付近か第二高点付近の方が風無かったなきっと。

第一高点から振り返る。甲斐駒〜熊穴が長かったなーって感じ。
あんなに向こうにあるんだもんね。


2月17日 鋸縦走 

中の川乗越から第二高点へ
ラインどりが決め手か?

右の第二高点中央稜〜大ギャップルンゼへは写真中央の赤布からが唯一の略奪点。
上から下降だと赤布が見えない。ちょいと迷った。さらに写真の容量をケチっても見えない。
雪が多いので左のルンゼへ降りられたが雪の安定が前提。

 

中央稜側から横断バンドへ。大ギャプルンゼの横断(写真左50m間)が今回最大の脅威だった。
鹿窓ルンゼはあまり雪がつきにくいのか、大同心稜上部のルンゼのような状態。右

 

熊穴沢と角兵衛沢
所詮、雪の少ない土地柄だけど、2千mより上は新雪や側壁の着雪があるとまずい。

 

角兵衛沢をバリバリ下る。角兵衛大岩までくれば一安心。下ればなんと30分?

今回は夏道どうし、降雪があった場合コースは大幅に変わる。車も残地?
好天に恵まれて、予備日の明日はアイスクライミングだ。

鹿窓と言う名の風穴、寒い。

鋸は我が家の大切な風除けだ。これからもよろしく。

山岳ガイドトップページ


お問合せ

資料請求