石尊稜

 雪稜、雪壁主体のバリエーション。 
適度な雪を掻き分けて進むのが楽しい。
取付きの壁は傾斜が緩く雪がのりやすい。 
わりとのっぺりした岩なのですす払いが厄介なことも・・・。 



取付きへはアイスシーズンは三叉峰ルンゼからが一般的。 
日の岳ルンゼ側から入る場合は雪溜りになる本流の雪壁は避け
早めに手前の小尾根に上がるのが無難。


取付きの壁を抜けると草つきの雪壁

 緩傾斜の雪稜は雪庇対応のロープワークで。

雪稜のラッセル

上部岩稜を抜けると主稜線も近い

冬型の一日、一瞬の晴れ間に同心方面を垣間見る。

山岳ガイドトップページ


お問合せ

資料請求